小札幌(1059m)その2

(「その1」から続きます。)

再び立派な林道になりました。



簾舞からの林道との合流地点ですが、ここも流されていた。
少し距離がありますがエスケープに使えます。



合流地点から残雪が現れました。



さらに林道を詰めます。



左手に作業道が現れた地点から林道を左折します。



4回目の徒渉。ここは楽勝でした。



作業道を少し進みます。



尾根に近づいてところから藪に取り付きました。



薄い笹藪で楽勝かなと思いきや、途中から濃い藪になり、これが山頂まで続くと厳しいかなと戦意喪失しそうになりました。



が、尾根に上がるとそれほどでもなくほっと一安心です。



藪は薄いものの、雪で足下が滑りやすいです。



上り調子ながら複雑な尾根で何回か下りもありました。



上りは結構急登で、ストックがあるともう少し楽だったかも。



上ったさきにまだ上りがありました。



最後の上りです。



ピークの稜線に上がりました。
木の枝が邪魔でした。



目指すピークまでもう少し。



目の前が山頂です。



小札幌に到着しました。
これまで気温は低いながらも穏やかな天気でしたが、山頂は風が強かったです。



三角点が頭を出していました。
この時期に来て正解でした。



(「その3」へ少しだけ続きます。)
スポンサーサイト

COMMENT0

LEAVE A COMMENT