小札幌(1059m)その1

雪の降る前のぎりぎりの時期を狙って、数年間タイミングを逃していた三角点ピークの小札幌。
今年は雪が遅いのでチャンスとばかり、二人の山友を誘い、歩いてきました。
一人は北海道山岳ニュースの管理人のIさん。今年日高の山をテント泊で歩こうと約束しながら、日程が合わなかったのでその罪滅ぼし?
そして、もう一人は某大学山岳部OBで我が社のOBでもあるSさん。
小札幌は山深いので3人だと心強いです。
待ち合わせ場所に合流して、Sさんの車で取り付き地点となる西御料川に河原に来ました。
駐車地点から見えたかぶと岩(左)と370m峰。



まずはいきなり西御料川の徒渉です。
水量があり思ったより深いので私とIさんは長靴です。
Sさんは登山靴です。



無事徒渉を終え、私は登山口に履き替えて、斜面をよじのぼって林道へ。



林道は荒れていましたが、何とか歩くことでできました。



おやじの爪痕。



林道が流され、土管は表出していました。



砂防ダム。



ここも林道が流されていた。



標識が残っていました。



2回目の徒渉です。



終始長靴だったIさんは楽勝のよう。



林道が広くなりました。



基準点が残っていました。



古い標識。



柱状節理の壁。



再び林道が崩壊して細くなりました。



しずくが凍り付いていた。



こんな標識がありましたが・・・。



橋はすでに見る影もない・・・。



倒木を支えに3回目の徒渉です。



(「その2」へ続きます。)
スポンサーサイト

COMMENT0

LEAVE A COMMENT