in 札幌近郊の山

岩崖(峰)(585m)その1

-2 COMMENT
冬に岩頭に行く手を阻まれ、山頂手前で断念した札幌の西区福井にある三角点ピークの岩崖(峰)。
尾根は藪が薄そうだったので、もしかしたら今の時期なら少しの藪漕ぎで行けるかもと思い挑戦してみました。
この日は昼頃から天気が崩れる予報でしたが、朝は風こそあるものの、前日に引き続きとても良い天気。
砥石山の源八ルートである採石場のゲート前の道路に端に邪魔にならないよう駐車して出発です。



この日は日曜日なので採石場は休み。
トラックの往来もないので、ゆっくりと作業道を歩きます。



源八沢入口には、源八ルートの案内図がありましたが、新しくなっていました。
ちょっと見ると、少しコースが変わったような感じです。



さらに進み、分岐からへアピンカーブにように右に折れると大型作業ダンプ群がありました。



ダンプ群の先にはリゾート札幌へ続き道がありました。
(帰路は、ここからリゾート札幌へ下りました。)



作業道をさらに進み、ミラーのあるカーブが林道への取り付きです。



カーブから林道に入るとすぐにゲートがありました。



ゲートを過ぎて、少し歩くと砂防ダムの標識がありました。
冬は見えた砂防ダムも今の時期は、笹でかすかに覗けるだけでした。



林道はそれほど荒れていませんでしたが、沢から水が流れているところもありました。



分岐となるCo297地点からは、草が伸び、けもの道状態でした。
支線?の方は、今までの林道同様歩きやすそうだった・・・。



さらに進んでいくと崩壊している地点もありました。



左手に百松沢山に連なる尾根が見えました。



たらたら歩いていたら、冬に岩崖(峰)に取り付いた林道の分岐に到着。



左側にも道が続いていたので、林道の本線と勘違いし、どこまで行けるか気になって、まずは左側に進んでみました。



しかし、進むにつれ下り調子になり、ちょっと不安になってきました。



しかも、そのうちにけもの道のようになりました。
ここでGPSを確認すると、微妙に林道とずれていて、しかも、ちょうどさきほどの分岐から。
ということは、さきほどの分岐から右方向が地図にある林道(本線)ということがわかりました(汗)。



分岐に戻って、今度は右側の本線を進みますが、藪状態で何とか端を進むのがやっと。
すぐに激しい藪になって戦意喪失しました・・・・(涙)。
林道の夏道はここまでのようです(残念)。



少しだけ戻って、岩崖(峰)に連なる尾根に向かって藪漕ぎ。



しかし、こちらは偶然ですが、作業道跡のようで、薄い藪で歩きやすい。



すぐに尾根について、岩崖(峰)へ向かって、少々の下りです。



(「その2」へ続きます。)
スポンサーサイト

2 Comments

There are no comments yet.
水無瀬より  

No title

まさにけもの道。
藪漕ぎにはナタが必要かも。

2018/11/10 (Sat) 11:22 | EDIT | REPLY |   
北のかもしか  

No title

みなせさん、そうですね。

今回は使用しませんでしたが、ナタも有効ですね。
ツタ類はハサミが疲れないかもです。

2018/11/12 (Mon) 21:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment