in 道外の山

龍ヶ峰(城ヶ峰)(194m)

-0 COMMENT
ショライ山を後にして雨の中、国道を富山方面に向けて走りました。
途中で小ぶりになったところで、道の駅・倶利伽羅源平の里に立ち寄ると火牛像がありました。

その昔、平安時代に越中と加賀の国境である倶利伽羅峠で源義仲率いる源軍と平維盛の平家軍が激突。
形勢不利だった源軍が奇襲で平家軍に襲いかかり勝利した際、角に松明をくくりつけ火牛が逃げる平家軍を峠の谷底に蹴散らしたという言い伝えがあるようです。



その舞台となった砺波山をみたいと向かいましたが、雨で断念。
さらに少し進むと、その峠のさきの北陸道沿いに偶然、龍ヶ峰(城ヶ峰)城跡公園を発見。
少し小ぶりになったので立ち寄って見ました。
駐車場には立派なトイレも設置されていました。



龍ヶ峰(城ヶ峰)城跡の案内図。



龍ヶ峰(城ヶ峰)城跡の説明です。
こちらは源平の戦いよりはるかに後に、一向宗や佐々成政がここに立てこもり、領主等と戦ったようです。



入口から出発。



階段を上ります。



上部にも階段が続きます。



途中で草地を進みます。



山頂に四阿(あずまや)が見えました。



最後の上りです。



山頂部に到着しました。



そして龍ヶ峰(城ヶ峰)の山頂にある四阿に到着。



ちょうどこの頃、再び?雨が強くなってきました(涙)。



展望がよいようですが、この日は雨雲で何も見えず。



晴れたらこんな感じになるようです。



四阿のさらにさきにも道がついていましたが、雨で諦めました。



小降りになるのを少し待っていましたが、さらに降りが強くなるばかりだったので諦めて、来た道をピストンで戻りました。



この北陸道沿いにはさらにいろいろな歴史的なものがありましたが、雨で見られず。
立ち寄るのを諦めて、再び富山方面に向かいました。
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment