丸岡城とショライ山

登山を諦め、一路、富山県へはホワイトロードを戻るのが近道ですが、時間もタップリあるし、いったん海側に出て、ゆっくりと一般道を道の駅巡りをすることにしました。
しかし雨も止み、ちょっと判断が早すぎたかもと後悔です。
途中、道路標識で見かけた丸岡場に立ち寄りました。



石垣が残っていました。



解説板です。
柴田勝家の甥の勝豊が築城したようで、しかも北陸で唯一の現存する天守で、日本でも現存する天守のようです。
これは見物です。



駐車場に停めて、天守へ向かいます。



石垣の上に出ました。



古墳から出土した石棺が展示されていました。
この後、いろいろ見て分かりましたが、北陸地方は古墳が数多くあるようです。



しかし、内部へは開館前で立ち寄れず。残念。
中へは無理でも外観でもと思いましたがかなわず。
まだ八時前だから仕方ないか・・・。



もどる途中、木々の隙間から少しだけ天守が見えました。



諦めて、さらに進んで、道の駅「こまつ木場潟」に立ち寄りました。
店内の特産品売り場をブラブラして店外にでると「ショライ山」という標識を見かけました。



山となれば寄らない訳にはいきません。



道の駅の裏手にでるとウォーキングコースの案内図がありました。



ショライ山は道の駅裏の小さな丘でした。



登山口です。



木段を進みます。





上に来ると展望台がありました。



展望台の上から木場潟が見えるようですが、いまいち判然としません。



市街地です。



雨が降ってきたので急いで下山です(笑)。
キノコを発見。



一応GPSログです。



この後、本降りとなりました。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

COMMENT0

LEAVE A COMMENT