白馬山~朝日岳縦走第一日目その2

(「その1」から続きます。)
ツボでも行けそうだったので最初そのままツボ足で進みましたが、少し滑るので結局軽アイゼンを装着しました。



大雪渓を進みます。



どうも給水ホースの調子が不調で、水が漏れているようです。
水分補給にいちいちザックを下ろさねばなりません(汗)。
振り返ると上ってくる人が見えました。



9月にもなると雪渓上は少し肌寒い感じです。
この日は落石は見られませんでした。



大雪渓の終点が見えてきました。
ウオーターバックの水漏れで腰から下がびしょ濡れに・・・。



大雪渓終点でアイゼンを外し、小休憩です。



岩場の道を上ります。



大雪渓の先端部です。
意外と深く、万が一落ちたら助からないですね。



この時間になると白馬岳からの下山者もちらほら。



大雪渓を振り返ります。



沢筋を上っていきます。



渡渉地点には簡易板がありました。
すぐに流されそうです。



そして、岩室跡に到着しました。
ここが葱平(ねぎかっぴら)のようです。



最後に大雪渓を見下ろします。
肉眼では結構人影が見えました。



葱平から急登が続きます。



岩場が続きます。



右手に巨岩がありました。



さらに岩場が続きます。



避難小屋に到着しました。
ここでウォーターバックの水を捨て、ペットボトルに沢水を汲みました。
ズボンがベショベショで大汗をかいたようです(汗)。



正面にいい形の山が見えています。



(「その3」へ続きます。)
スポンサーサイト

COMMENT0

LEAVE A COMMENT