黒岳(19984.4m)その2

(「その1」から続きます。)
相変わらず何も見えない中、上っていきます。



八合目を通過します。



しっかりとした木段も現れました。
以前よりもしっかりと整備されているような感じ。



九合目を通過します。
泊まり装備の重い荷物の年配の人が多い印象でした。みんな元気です。



昔からの石の道もありました。



本当にずっと前しか見えません。



何も見えないので、いきなり開けて黒岳の山頂でした。
山頂標識前でスマホ撮影して独占していた外国人の女性。
この後、しびれを切らしたおじさんに怒鳴られていました。



山頂には沢山の人がいました。
みんな天気がイマイチの中、来たのが不思議かも。



風もなく温かい山頂ですが、ガスで眺望がないので石室へ向かいました。



石室方面も何も見えません。



本来なら石室とテン場が見えるはずですが ぼんやりと雪渓が見えるだけです。



ところが、なっなんとガスが突然薄れてきました。



突然に石室が現れました。
アンビリーバボー!



すっかりモチベーションが上がって足が軽くなりました。



すぐに石室に到着です。



ベンチでは沢山の人が休憩してました。
私もここで昼食です。



北鎮岳の雪渓がきれいに見えます。



テン場です。
まだ余裕があるなあと思ったけれど、この後、続々とテント装備の人が来たから一杯になったと思われます。



テン場から黒岳を望みます。



休憩後、空身で桂月岳に向かいました。



(「その3」へ続きます。)
スポンサーサイト

COMMENT3

★  

No title

登った事のある山の写真は、
どこからどっちへ向かって
撮影しているのか分かり自分も登っているようです。
ガスの晴れた写真はとてもきれいです。

2018/07/28 (Sat) 19:44 | EDIT | REPLY |   

北のかもしか  

No title

★さん、こんにちは。

そうですね。行ったことのある山は見分けられるしね。
ですから、どんどんいろいろな山を歩いてください。

2018/07/31 (Tue) 20:49 | EDIT | REPLY |   

★  

No title

はい!

2018/08/02 (Thu) 09:21 | EDIT | REPLY |   

LEAVE A COMMENT