in 道南の山

美利河丸山(674m)その1

-0 COMMENT
7月の最初の週末は、神奈川の鎌倉から知人が函館にやってくるというので、私も函館へ。
途中、ここ数年GPSのログ取りに失敗している美利河丸山を歩きました。

ここ数年、年数回道南遠征を行うも、いつも悪天候等でパスしている美利河丸山。
私からは、低山ゆえにおまけ的な扱いを受けている不遇の山です。
なので今回はこの山メインで狙ってきましたが、天気はいまいちで、いつ雨が落ちてもおかしくない様子

しかも奥美利河温泉の駐車場に到着しましたが1台の車もおらず・・・。



いまいち盛り上がりませんが、とりあえず準備して出発です。



懐かしい奥美利河温泉はもう営業していません(休止中?)。



裏側にはいまだにこんこんと温泉が湧き出ています。



山の家は年期が入っていますが、まだ使用に耐えそうです。



展望の森へ続く三角橋。
間違ってこちらへ進んでしまいそう(笑)。



丸山への標識です。



登山口です。ここから左へ折れるように進みます。



山頂までは2.8kmです。



登山道はしっかりと整備されています。



少し進むとフレッシュな落とし物が・・・。
どうも今朝のものの思われ、念のため、笛を吹きました。



さらにジグを切りながら軽快に?高度をあげていく。



倒木もきちんと処理されていました。



一カ所だけ迂回路が設けられていました。



唯一あった古い看板。



私は体が硬いので、こうしたくぐり物が苦手です。



尾根に上がるもガスで展望なし。



黙々と進んでCo524mを通過、



尾根の上部は雲に覆われていました。



私もほどなく雲の中に入りました。



(「その2」へ続きます。)
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment