朝陽山(1370.2m)その1

この日、日高方面へ行こうと思っていましたが、天候がイマイチのため表大雪へ変更。
朝陽山への登山道が再整備されたと聞いたので歩いてきました。
層雲峡の無料駐車場に到着するとガラガラでした。
この日はデジカメを忘れ、携帯で撮影です。



準備してまずは国道沿いを歩きます。



層雲峡園地の看板から左折です。



橋を渡ります。



園地の案内図です。



園地内のある層雲峡の名付け親「大町桂月」氏の記念碑ありました。



振り返ると木々の隙間から黒岳が見えました。



さらに園地を進むとパノラマ台の登山口ですが、かってあった標識はなくなっていました。
変わったのかなと思い、少しさきへ進んで確認しましたが、やはりここで間違いありませんでした。



登山口からはいきないガレ沢沿いの急な直登です。



ガレ沢を離れ、しっかりとした登山道となり、進んでいくと大きな岩が現れます。



大きくジグを切って進んでいくと再び直登になりました。



喘ぎながら進んでいくと上方がひらけました。



木段が現れ、何か建築物が見えました。



ケーブルのボックスでした。
フタがないけど大丈夫かな?



ケーブルボックスからはゆるやかな森林歩きでした。



進んでいくと上りになりました。



パノラマ台分岐です。



分岐を右へ進んで行くすぐにひらけました。



ガレ場のパノラマ台です。



層雲峡ははるか下に見えます。



その名のとおりまさに表大雪がまるでパノラマのように望むことができます。



層雲峡から黒岳まできれいに望めました。



(「その2」へ進みます。)
スポンサーサイト

COMMENT0

LEAVE A COMMENT