in 留萌風物詩

青灯台(留萌市)

-0 COMMENT
留萌市の小平町側塩見町の海岸に白い灯台があるので立ち寄ってみました。



ここは緑地公園になっていて留萌川河口や留萌港を見ることができます。







で白い灯台に近づいてみました。



説明板です。
何と今は白いけれど、かっては青だったようです。



「留萌港は1910年(明治43年)に着工の長い歴史を誇る国の重要港湾です。
ここに移設された高さ8.6メートルの灯柱は1931年(昭和6年)留萌港の内港東突堤の航路標識として登場。当時、緑色塗装で灯柱下部に「青灯擁内港」の題字がはめ込まれていたことから市民に「青灯台」の名で親しまれました。そして60年以上の長きにわたって船舶の安全航路を見守って来ました。1989年(平成元年)国際的に浮標灯の基準が統一されたのに伴い、白色タイル張りに変更されましたが、緑色塗装は山口県仙崎港の「防波堤灯柱」とともに全国2ヶ所という非常に珍しいものでした。ここに役割を終えた「青灯台」を留萌港の歴史的記念碑として長く保存するものであります。」



説明板を見ていたらカラスに見下されました(汗)
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a comment