• さようなら網走
    このたび4月の人事異動で帯広市へ転勤することになりました。根室から網走に来て2年10ヶ月ですが、月日が経つのは早いです。網走市の道路標識は「ニポポ」でした。ニポポとは樺太アイヌのマスコットで御守りでもあります。子どもの頃、親にお土産に買ってもらったことがあります。このニポポは市内のあちこちにあります。観光地にもあるので網走圏観光協会で「ニポポを探そう!」キャンペーンを行ってます。これは駅前の外灯の...
  • わかさぎ釣り 最終戦 かなやま湖(時計台下)
      平成26年3月26日   皆さんのブログを拝見し、最終戦に朱鞠内湖に行こうかとも考えていたのですが、やはり休みがとれません(^_^;) 別の日に行くか?? でも連休も無い・・・   色々悩んだ末・・・潔く今回で最終戦とする事にします!   場所は昨年と同じ、ホーム「かなやま湖」   今季1回目の時計台下では今一つな釣行となりましたので、リベン...
  • 拳骨山(667.2m)その2
    (「その1」から少しだけ続きます。)道の駅方向も木々が邪魔してイマイチです。来し方を振り返ります。風が強くなって寒いのですぐに岩頭へ向かって下ります。三角点ピークと岩頭部のコルで休憩しようと思いましたが風が強く休めませんでした。少し岩頭部に向かって、上れそうか確認しました。左から回り込んで上れそうでしたが、怖いので止めました。ヨレヨレで早く休憩したかったのもありますが・・・・。下りはコルから最初に...
  • 拳骨山(667.2m)その1
    土曜日の夜に紋別で宴会した翌日、西興部村の拳骨山を歩きました。西興部村の道の駅を過ぎ、道路から見えた拳骨山です。予定していた林道が除雪されていなかったので、代替案で行者の滝から入りました」。1キロほど入った水道施設のある地点が除雪最終地点でした。スノーシューでスノーモービル跡を辿ります。1.5キロほど歩いて橋のところにたどり着きました。スノーブリッジはないだろうと思っていましたが、まだ何とか渡れそう...
  • まかないフレンチをビオワインと/フレンチパンダ(札幌市中央区)
    なんかいいお店があるということで札幌の山ガールと飲みに出かけました。名前は「フレンチパンダ」・・・シュールなパンダの絵が目印です。ビルの地下の入口。お店に入るとパンダがお出迎えしてくれました。店内は全て木のテーブル席で、体の硬い私はちょっと苦手です。メニューの留め具もパンダでした。まずはビールです。いつのまにかパンダが後ろのテーブルでワインを飲んでました。パテ・ド・カンパーニュ(パテのステーキ?)...
  • フック巻き巻き
      わかさぎ釣りも残すところあと僅か・・・ 私的には後2回かなぁ・・・ と思っていた22日の休日・・・   思いっきり寝坊(笑)  時間的に行くことが出来ませんでした(^_^;)  暇になった22日は、久々に本流河川でシートラ・アメマス狙いしましたが、 まぁ予想通りのボウズ(笑)          で・・・ 4月からはサク...
  • 手作りカフェ・スイバ(小清水町)
    職場の仲間と以前から気になっていた小清水町にある「スイバ」へ訪問しました。小清水町在住のKさんにアッシーになってもらい、帰路は近くの止別駅からJRで網走に戻る作戦です。いそいそと準備して会社を出て、18:30にスイバに到着しました。お店は手作りでまるであのガウディの作品のようです。入口です。市街地から少し離れていますが、お店は混んでいました。食器も手作りです。まずはビールです。お店の主人はアジア各地を...
  • カジュアルレストラン・アルカディア(網走市)
    久しぶりに「アルカディア」でランチしました。外にあるメニューです。お昼を過ぎていたのでお客は誰もいませんでした。私が注文したのは「アルカディア弁当」(1000円)。弁当となっていたので和食を想像してましたが、完全に洋食でした。エビフライ&野菜。ビーフシチュー。牛肉のサイコロステーキ。デザートもしっかりついてました。スープ。ウーロン茶。箸が鉛筆風でおしゃれでした。さすがアルカデイアです、美味しいです。ご...
  • わかさぎ釣りと一酸化炭素中毒
        既にご存知の皆様もおられるかと思います。 何人かのブロガーさんも注意喚起を行ってくれていますが・・ 今年もまた「かなやま湖」で一酸化炭素中毒による死亡事故が起きてしまいました。   原因はやはり練炭ストーブの使用によるもの・・  基本的に全ての火器は、テント内での使用は禁止となっています。 しかし、その中でも炭・練炭等は常に多量の一酸化炭素を...
  • 四ッ峰(789.2m)全コブ?探索その2
    (「その1」から続きます。)いったん少し下って上ります。送電線の鉄塔に近づくと前コブは裸山でした。振り返るとコブ①とコブ②が重なって一つのコブのようです。やはりコブ②は四ッ峰のコブじゃないのかもしれません。前コブまでもう少しです。前コブ(コブ③)に到着しました。前コブからようやく本峰が見えました。本峰へ向かって歩いているとラッセルがありました。どうやら昨日のような感じです。ほどなく本峰に到着しました。...

プロフィール

管理人

FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ